FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › Category - ひょうたんスピーカー
2009-10-25 (Sun)

こんどこそ

こんどこそ

さて完成した振動子にひょうたん振動板を付けます。今度は大丈夫そうです。まずは少し鳴らしっぱなしにしておきます。鳴らしっぱなしにする時は省エネの為に、自作デジタルアンプにします(トラパス2020)。これは消費電力が少なくて良いです。ビビらないようです、めでたしめでたし。...

… 続きを読む

さて完成した振動子にひょうたん振動板を付けます。






今度は大丈夫そうです。まずは少し鳴らしっぱなしにしておきます。

鳴らしっぱなしにする時は省エネの為に、自作デジタルアンプにします(トラパス2020)。
これは消費電力が少なくて良いです。




ビビらないようです、めでたしめでたし。
2009-10-25 (Sun)

うーん、びびってる

うーん、びびってる

ひょうたん振動板スピーカーですが、どうしても少し大きな音をだすとビビリます。よく聞くとどこかで歪んだ音になっています。これは振動子とひょうたんの結合に問題かと思い調べたら、これは振動子そのものがビビッていました。駄目ですね、これでは。振動板がフリーで動きますから支点は工夫しなければなりませんでした。さて、まずは今の振動子をばらしてボイスコイルとダンパーだけに戻しました。それに振動を伝えるシャフトを...

… 続きを読む

ひょうたん振動板スピーカーですが、どうしても少し大きな音をだすとビビリます。
よく聞くとどこかで歪んだ音になっています。
これは振動子とひょうたんの結合に問題かと思い調べたら、これは振動子そのものがビビッていました。
駄目ですね、これでは。
振動板がフリーで動きますから支点は工夫しなければなりませんでした。
さて、まずは今の振動子をばらしてボイスコイルとダンパーだけに戻しました。

それに振動を伝えるシャフトを取り付けます。

これだけですと振動板が支えられないので、ドーナツ型の支えを作成しますがシャフトとは隙間を開けます。





シャフトと支えを不織布制のエッジもどきで結合します。



これで少し遊びが有り、ボイスコイルが動きにも強い振動子になりました。

しかし難しいですね、職人仕事です(笑)
2009-10-22 (Thu)

あーあ

あーあ

今朝、そろそろひょうたんの中身が腐ってきたはずなので様子を見たら・・・・・出してみようと持ち上げたらグシャッとつぶれてしまいました。もう一個は無事でしたが、一個は完全に腐っていました、あーあ。成熟させない状態で収穫するとこうなるらしいのは聞いていましたが、こちらは素人ですから分かりません。ほんとは買ってきてからしばらく乾燥させてから水に漬ければ良かったのかも知れませんが2度成功していたものでついや...

… 続きを読む

今朝、そろそろひょうたんの中身が腐ってきたはずなので様子を見たら・・・・・
出してみようと持ち上げたらグシャッとつぶれてしまいました。
もう一個は無事でしたが、一個は完全に腐っていました、あーあ。




成熟させない状態で収穫するとこうなるらしいのは聞いていましたが、こちらは素人ですから分かりません。
ほんとは買ってきてからしばらく乾燥させてから水に漬ければ良かったのかも知れませんが2度成功していたものでついやってしまいました。
良く考えれば前は買ってきてしばらく置いていたのでした。時間が無かったもので、つい直ぐにやったのがいけなかったのだと思います。
ツルを切ってドリルで穴あけをした際に少し割れそうな感じがしてヤバイかなと思ったのですが、そちらが逝ってしまいました。

そろそろひょうたんのシーズンも終わるので今年はこれが最後と思っていたのですが一個だけになってしまいました。
そこで今度は一個のひょうたんでステレオにしようと思います。
以前秋葉原で買ってきたアルミ振動版の3Cmフルレンジという超小型ユニットがあるのでそれを2個付けてステレオスピーカー。
このユニットは思ったよりチャント鳴るので一番最初はこれで作成する予定でした。
今回1個がダメになったもの何かの啓示と思います。
No title * by Record fan
こんばんは。

壊れてしまい残念でした。

なかなか難しいところがあるんですね。

No title * by izumikta
こんばんは。

はい、残念です。

やはり素人は失敗してみないと分からないものです。

No title * by guinness
こんにちは

どこかにお書きになっているやも知れませんが、ひょうたんエンクロージャーの内面にはグラスウール等を貼り付けるのでしょうか?
それとも不要なのでしょうか?

No title * by izumikta
こんにちは。

まだ作成していないのでどうするか考えていませんが、本格的にやっている方は中の加工もいろいろやっているようです。
ユニットを付ける大きな穴を開ければ出来ますね。
とりあえずは不要だと思います。

2009-10-17 (Sat)

性懲りも無くひょうたん

性懲りも無くひょうたん

またひょうたんを2個入手しました。このシーズンしか手に入りませんから・・・農協直売所ですから安いのですが綺麗なものは有りません。今は水に漬けて中を腐らせて種抜きの前準備です。これが時間と手間がかかります。このままでしばらくすると中身が腐りますが、一定毎に中身を出して水を交換しないと臭いが凄くなるので手間がかかります。また同じものを作成するのではなく今度は普通に穴を開けてユニットを入れたエンクロージ...

… 続きを読む

またひょうたんを2個入手しました。このシーズンしか手に入りませんから・・・

農協直売所ですから安いのですが綺麗なものは有りません。
今は水に漬けて中を腐らせて種抜きの前準備です。
これが時間と手間がかかります。



このままでしばらくすると中身が腐りますが、一定毎に中身を出して水を交換しないと臭いが凄くなるので手間がかかります。

また同じものを作成するのではなく今度は普通に穴を開けてユニットを入れたエンクロージャーにしてみようと思っています。
ひょうたんを直接振動板にしているのは他では見たことが有りませんからやはり普通のものもやって見ませんとひょうたんスピーカーを知っている事にならないか?と思っています。
時間はかかりますが費用はそれほどではないので遊ぶにはもってこいです(^o^)丿

入れるユニットは手持ちに色々あるので適当に。
No title * by Record fan
こんにちは!

これで4チャンネルですね!(笑)

そして最終的には、5.1チャンネルになるんでしょうか?

No title * by izumikta
こんにちは。

AV用も良いかも知れませんね。それこそ部屋中に広がりそうです。

今回はひょうたんエンクロージャーってどんなものか試してみます。

No title * by Record fan
こんばんは。

局面エンクロージャーなので、定在波がおきにくいので素直な良い音がでそうですね。ひょうたん鳴り(箱鳴り)しそうですが(笑)

くびれているので、ダブルバスレフ?

No title * by izumikta
こんばんは。

>ひょうたん鳴り(箱鳴り)しそうですが(笑)
ええ、その通りだと思います。ひょうたんエンクロージャーを作っている方々はこの鳴りが自然な広がりで魅力的と言ってますね。
さてそれがどんなものなのか、聞いたことが無いので分かりませんから作ってみます。
結果お楽しみに・・・・・・・・

No title * by guinness
こんばんは

済みません全ての記事を読ませていただいてる訳では無いのですが、ひょうたん振動版の方は何ワット位の出力でしょうか?

どんなジャンルの曲が合いそうですか?金管楽器なんてどんな音がするのでしょうか?

No title * by izumikta
こんばんは

>ひょうたん振動版の方は何ワット位の出力でしょうか?
これは耐入力のことだとすれば振動子ユニットは10Wですが、能率が測れませんので、普通のスピーカーと比較が難しいのですがフルレンジで85db10W検討だと思います。
余り大音量で鳴らせるものでは有りません。
振動子の作成方法と結合方法によってはもう少し出るかもしれません。

>どんなジャンルの曲が合いそうですか?金管楽器なんてどんな音がするのでしょうか?
これが難しいのです。アコースティック楽器に合うことは間違いないと思います。
今のところチェンバロがいい感じで鳴っています。
金管楽器はジャズ系ですと突き刺さる感じはなくてふわりとした鳴り方になります。BGM用といった感じです。
あまりハイファイとは言えなく、独特の音場を作るのが面白いと言ったところです。

2009-10-12 (Mon)

ひょうたん振動板スピーカー

ひょうたん振動板スピーカー

ステレオとして一応完成させました。最初は音がビビッて「駄目だこりゃー、解体だ」だったのですが結合部分をやり直してなんとか音出しに漕ぎ着けました。ただ大きな音は出せません、やはりビビリます。振動子にするユニットの加工も難しいですね。一点でフリーに動くものを支えるのは大変です。ただ枠を作って支えてしまうと良さも消えそうです。ユニットのマグネットを隠して見ました。天井が高すぎてつるせないので梁からつるし...

… 続きを読む

ステレオとして一応完成させました。
最初は音がビビッて「駄目だこりゃー、解体だ」だったのですが結合部分をやり直してなんとか音出しに漕ぎ着けました。

ただ大きな音は出せません、やはりビビリます。振動子にするユニットの加工も難しいですね。
一点でフリーに動くものを支えるのは大変です。ただ枠を作って支えてしまうと良さも消えそうです。




ユニットのマグネットを隠して見ました。




天井が高すぎてつるせないので梁からつるしてステレオにします。




作られる音場は独特です。部屋中に広がる感じではなくふわりと漂うような感じがします。
これは振動板が粗密波を作り出して振動板から音を放出するものではないので、ユニットを複数付けて無指向性にしたものとは違います。
なんというかその辺からふわりと音が漂っている感じです。
音源の場所がわからないという感じではないのが残念ですが、面白い音場が展開されます。

音場は面白いのですが高音のクオリティが今ひとつかも?
少しエージングしてどこまで行けるのか様子を見る必要がありますねー。

ひょうたんそのものを振動板にしたものですから、高音に関してはあまり欲張らないほうが良いかも知れません。
No title * by Record fan
こんばんは!

完成おめでとうございます。独特の音場のようですね。

ステレオ感はどうなんでしょう?
左右の個体差がありそうなので、多くは望めないのでしょうかね。

高音については、ひょうたんの材質のせいですかね?
乾燥不足で損失があるとか?

No title * by izumikta
どうもありがとうございます。

シビアなステレオ的立体感は望めないようです。
案外どこで聞いても違和感のない感じにはなります。

高音はどうでしょう、構造上しかた無いかもしれません。
エージングで改善する可能性もありますけど・・・・