FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › Archive - 2009年05月
2009-05-01 (Fri)

サラウンド再生の面白さ

サラウンド再生の面白さ

サラウンド再生にはサブウーファーが欠かせません。私はここも自作でダブルバスレフエンクロージャーを使用しています。ユニットは20Cm2本です。ピュアオーディオでは波動スピーカーや逆ホーンの実験をしているように箱から出る音を否定した方向で進んでいるのですが、AVは別です。主張が食い違うと思われるでしょうが、すみませんAVは別な楽しみと思っています。そもそも映画の効果音は最初からPAで再生するように作ってあ...

… 続きを読む

サラウンド再生にはサブウーファーが欠かせません。私はここも自作でダブルバスレフエンクロージャーを使用しています。ユニットは20Cm2本です。
ピュアオーディオでは波動スピーカーや逆ホーンの実験をしているように箱から出る音を否定した方向で進んでいるのですが、AVは別です。
主張が食い違うと思われるでしょうが、すみませんAVは別な楽しみと思っています。
そもそも映画の効果音は最初からPAで再生するように作ってありますから自然界の音とは別物と考えています。
その方が絶対に楽しいのです。地を這う重低音や風を感じさせる振動音が有った方が(たとえわざとらしくても)、気持ちよく騙されることが出来ると思っています。
しかもそれをお手軽に手に入れたいと思うお調子者ですから、ダブルバスレフ(長岡流ですね)を設計してバスレフダクトからバンバン低音を出しています。

一時期サラウンドで余りにもわざとらしい効果音作りをしていた物がありました。とにかく音が部屋中を走り回って気味の悪いくらいのものが有りましたが、所詮映像は目の前にあるものでしかないので近頃は落ち着いた自然な効果音になっています。
これが良いのです、たまに後ろから音が聞こえたり、雨の音が部屋中を包んでほんとに雨が降ってるような錯覚を覚えたり、物が体を突き抜ける感覚があったりするのはそれがほんとに心理的効果を生み出す時に使用されれば良いと思います。

しかし、今はほんとに面白いものが簡単に手に入るようになりましたね。
商品として手が回らないところはユーザーで補強できますし(あくまで自己責任です)。
デジタル技術の発達のおかげ(自画自賛????)ですね。

でも子供時代にアンモニア臭のする田舎の映画館で、上映日を待ちわびて、わくわくしながら見た感動とは別物でしょう。
これは作品にもいえることかもしれませんが、私にはそれに言及するほどの知識は有りません。

スポンサーサイト