FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › Archive - 2009年06月
2009-06-28 (Sun)

波動スピーカーを鳴らす-1

波動スピーカーを鳴らす-1

完成した波動スピーカーをオーディオルームに持って行きました。娘と一緒ですから例によって映画の合間にセッティングと視聴です。まずは前のバージョンをチョット追い出してそこにセッティング。フルレンジ再生です。これはそこそこフルレンジでも行けますね。ただ、低いところの空気を動かす感じはやはり出ません。元々、理屈から言ってその手の音は出ない(出にくい)物です。でも立上がり立下りは強烈です。三味線や民族音楽の...

… 続きを読む

完成した波動スピーカーをオーディオルームに持って行きました。

娘と一緒ですから例によって映画の合間にセッティングと視聴です。
まずは前のバージョンをチョット追い出してそこにセッティング。




フルレンジ再生です。これはそこそこフルレンジでも行けますね。
ただ、低いところの空気を動かす感じはやはり出ません。
元々、理屈から言ってその手の音は出ない(出にくい)物です。
でも立上がり立下りは強烈です。三味線や民族音楽の打楽器はこれでしか聴けない世界が広がります。
でも悲しいかなfレンジは狭いです。

前のバージョンも再生してみたのですが、こちらの方が高域のレンジは広いです。
振動板の形状とリブ・振動子を縦に4個配列はどちらかというと高域再生に向いていたようです。


これを高域用にしてみようと思い上に吊るして見ました。

全体はこういう風になりました。


全てフルレンジ再生ですが、低域用・中域用・高域用と得意なところを生かしてみようかと思います。

波動スピーカーといっても振動板形状・駆動方法によって得意分野が出てきます。
これは難しいですけど、挑戦しがいはありますね。
スポンサーサイト



No title * by SEED
ついに完成ですね おめでとうございます。
特定の音楽専用でいいんじゃないですかね

マンガーユニットなどもウーハーをつけたモデルがありましたが
下とは全くつながりません。
この手のユニット同様 レンジの拡大は難しいとキッパリ諦めた
方がいいかもしれませんね。

No title * by izumikta
はい、特定の音楽用になると思います。
でもボーカルはいけるんですよ。不思議なことに私の作るものは全部ボーカル用になってしまうのかも知れません。

>マンガーユニットなどもウーハーをつけたモデルがありましたが
>下とは全くつながりません。
マンガーも分割振動をコントロールしたものですから従来のダイナミック方のウーファーとは発声方式の違いからでしょうか。
この辺は難しいですから諦めて良さを引き出すことに専念したいと思います。

全て波動スピーカーで、振動版はバルサ材にリブでテンションを与えたものですから、音色に違和感は無いので少し工夫して見たいと思います。
全部一辺に鳴らしてみても面白いですよ。

2009-06-28 (Sun)

草花いろいろ

草花いろいろ

梅雨のシーズンですが、草花はいろいろなものが咲いています。オーディオルームの前に咲いていましたシーズンですね、紫陽花オーディオルームの上に神社があります。杉木立に囲まれたひなびた神社です。そこにも咲いています。...

… 続きを読む

梅雨のシーズンですが、草花はいろいろなものが咲いています。
オーディオルームの前に咲いていました



シーズンですね、紫陽花



オーディオルームの上に神社があります。


杉木立に囲まれたひなびた神社です。

そこにも咲いています。


2009-06-28 (Sun)

オムレツハヤシライス

オムレツハヤシライス

昨日から娘と二人オーディオルームに来ています。女房が持たせてくれた手作りハヤシライスを昨晩食べて残りを今日の昼にオムレツハヤシにしました。夏らしく枝豆をあしらって色も綺麗に。別の料理という事で娘も喜んでいます。この残り物を別料理にアレンジするのは女房の得意技で、指南を受けてます。...

… 続きを読む

昨日から娘と二人オーディオルームに来ています。
女房が持たせてくれた手作りハヤシライスを昨晩食べて残りを今日の昼にオムレツハヤシにしました。
夏らしく枝豆をあしらって色も綺麗に。



別の料理という事で娘も喜んでいます。
この残り物を別料理にアレンジするのは女房の得意技で、指南を受けてます。
2009-06-24 (Wed)

波動スピーカー足の裏

波動スピーカー足の裏

波動スピーカーの足の裏です。サイドの枠の前の方にステンレスのビスをねじ込みます。後ろ足の後ろの方にもステンレス製ビスをねじ込みます。これで擬似3点指示になります。これだけでも支点が明確になりぐらつきは無くなります。音にも影響します(するはず???)。後は補強の角材にもニス塗りをして完成です。本格的に鳴らしてみます。ワクワク、ドキドキです。...

… 続きを読む

波動スピーカーの足の裏です。


サイドの枠の前の方にステンレスのビスをねじ込みます。


後ろ足の後ろの方にもステンレス製ビスをねじ込みます。
これで擬似3点指示になります。

これだけでも支点が明確になりぐらつきは無くなります。
音にも影響します(するはず???)。

後は補強の角材にもニス塗りをして完成です。

本格的に鳴らしてみます。
ワクワク、ドキドキです。
No title * by IZP
今日ひょうたんの同好会」のおじさんにあったよ
まだひょうたんスピーカー考えていますか?
仕入先は岐阜らしい

No title * by izumikta
おおー、噂の人物ですね!!!
いくら位で仕入れできるのかによるんだけど・・・・・・・

2009-06-21 (Sun)

新しい波動スピーカー一応完成

新しい波動スピーカー一応完成

作成した枠に角材で補強をして一応完成しました。振動板のみのスピーカーですから枠の強度は重要です。裏はこうです。後ろの足も角材です。振動板は軽いバルサ材ですが、支える枠は丈夫な事が基本です。波動スピーカーのお約束で片方を裏にしてもセンターに定位します。粗密波と違い振動が直接伝わっていますから密閉さえされていなければちゃんと聞こえます。寺垣先生はデモでこういう聞き方をしているようですが、実際に鑑賞する...

… 続きを読む

作成した枠に角材で補強をして一応完成しました。
振動板のみのスピーカーですから枠の強度は重要です。



裏はこうです。後ろの足も角材です。振動板は軽いバルサ材ですが、支える枠は丈夫な事が基本です。



波動スピーカーのお約束で片方を裏にしてもセンターに定位します。
粗密波と違い振動が直接伝わっていますから密閉さえされていなければちゃんと聞こえます。



寺垣先生はデモでこういう聞き方をしているようですが、実際に鑑賞するときは両方前を向けないと見た目が・・・・・・・・

それに裏側にはこれからチョット怪しいチューニングが入る予定ですから(^_-)
No title * by SEED
おお、完成おめでとうございます。
聞いてみたいですね~

No title * by izumikta
ありがとうございます。
これからのチューニングでどこまで行くか???という感じは有りますが、お聞かせしたいですねー

2009-06-20 (Sat)

新しい波動スピーカー(4)

新しい波動スピーカー(4)

枠が出来ました。もう一息です。今は枠だけなのでちょっと不安定ですが音は出せます。ピンボケですねー、手が震えた?????まずはエージング用にiPodの一番安い奴で鳴らしています。イヤホン端子から繋いでチャント鳴ります。波動スピーカーの良さは振動子が少し振動すればそれが振動版に伝わり音になります。また振動版を前後に動かす従来の方法ですと距離の二乗に反比例して音圧が小さくなりますが、減衰量が半分(慶応大学武...

… 続きを読む

枠が出来ました。
もう一息です。今は枠だけなのでちょっと不安定ですが音は出せます。


ピンボケですねー、手が震えた?????



まずはエージング用にiPodの一番安い奴で鳴らしています。
イヤホン端子から繋いでチャント鳴ります。
波動スピーカーの良さは振動子が少し振動すればそれが振動版に伝わり音になります。
また振動版を前後に動かす従来の方法ですと距離の二乗に反比例して音圧が小さくなりますが、減衰量が半分(慶応大学武藤教授の研究)なため、小さい音でも充分鑑賞できます。

ただ音質はイヤホン端子の駆動力で判断するのは早計でしょう。

でも、まともな音が鳴っていますよ。
逆にイヤホン端子だと悪い部分が出てこないかも?
2009-06-14 (Sun)

新しい波動スピーカー(3)

新しい波動スピーカー(3)

波動スピーカーの振動板の塗装が進みました。思ったより赤の強い色になってしまいましたが本当はマホガニーです。写真では赤が強いですが本物はもう少し渋めの色です。裏面も見直ししました。塗装は繰り返し行いますからとにかく時間がかかります。でもここで手を抜くわけには行きません。自作だからいくらでも時間をかけることが出来ますが、今回もゆっくりと時間をかけました。振動板は目処が付きました、これからユニットにして...

… 続きを読む

波動スピーカーの振動板の塗装が進みました。
思ったより赤の強い色になってしまいましたが本当はマホガニーです。
写真では赤が強いですが本物はもう少し渋めの色です。




裏面も見直ししました。

塗装は繰り返し行いますからとにかく時間がかかります。
でもここで手を抜くわけには行きません。
自作だからいくらでも時間をかけることが出来ますが、今回もゆっくりと時間をかけました。

振動板は目処が付きました、これからユニットにしていきますが今回はどういうデザインにするかまだ考えていませんでした。
といってもこのスピーカーは振動板のみのものですから振動板のデザインがほとんどです。
枠は丈夫にしておけばなんとかなりますからもう少しです。

でも音がどうなるかはこれからですから、期待半分不安半分ですねー。

この自作は失敗して元々といった心構えが必要です。

製品版は手を出せるような金額ではないので自分の前作からどう改良するかが全てです。
No title * by SEED
なんとなく外観がイメージできてきました。

音出しが楽しみですね。

No title * by izumikta
そうです、外観はこれに枠が付いただけになりそうです。

>音出しが楽しみですね。

ええ、楽しみでもあり怖くもありです。

2009-06-07 (Sun)

新しい波動スピーカー(2)

新しい波動スピーカー(2)

振動板にリブを付けて形成していきます。今回は湾曲を表面から見て後方にしました。寺垣式市販品の真似ですね。この辺は私も色々実験中ですからその都度変わっていくと思います。前から見たときは割とシンプルに後ろからはリブをランダムに付けて見ました。振動の伝わり方をコントロールするのは難しいのでいろいろ計算したり、シュミレーションしたりしているのですがこればかりはやってみないと分かりません。この形成後にニスを...

… 続きを読む

振動板にリブを付けて形成していきます。
今回は湾曲を表面から見て後方にしました。寺垣式市販品の真似ですね。
この辺は私も色々実験中ですからその都度変わっていくと思います。
前から見たときは割とシンプルに


後ろからはリブをランダムに付けて見ました。


振動の伝わり方をコントロールするのは難しいのでいろいろ計算したり、シュミレーションしたりしているのですがこればかりはやってみないと分かりません。

この形成後にニスを表面裏面に塗ります。
表面は色付きを塗る予定です。
一度や二度では弱いので何重にも重ね塗りをする必要があります。
まだまだ時間は掛かります。
2009-06-06 (Sat)

波動スピーカーとは

波動スピーカーとは

波動スピーカーと簡単に書いてきましたが、この辺で私の考える「波動スピーカーとは」について書いてみたいと思います。まず世間で市販されている波動スピーカーはエムズシステムのものがあります。これは波動スピーカーと銘打っていますが明確に波動について解説されていません。形は紙を積層した筒の両側にフルレンジユニットを付けたものです。一つのエンクロージャーでステレオ再生できて、無指向性になっているものです。一つ...

… 続きを読む

波動スピーカーと簡単に書いてきましたが、この辺で私の考える「波動スピーカーとは」について書いてみたいと思います。
まず世間で市販されている波動スピーカーはエムズシステムのものがあります。
これは波動スピーカーと銘打っていますが明確に波動について解説されていません。
形は紙を積層した筒の両側にフルレンジユニットを付けたものです。一つのエンクロージャーでステレオ再生できて、無指向性になっているものです。
一つの筒の両サイドにユニットが付いているのでお互いの低音がエンクロージャー内で打ち消しあうという事になっていますが、これはステレオ再生では両側のユニットが全く同じ周波数と振幅で動かない限り打ち消しあう事は有り得ません。
そこでこれを補正するような波動を込めた布だったかフェルトだったかが入っていると書いてありました。今はここの記述は消えているようです。
紙製のエンクロージャーがユニットの動きで微妙に振動してエンクロージャーが楽器のように鳴いているという事かもしれません。
この製品が一番有名ですが、私の考えている波動スピーカーとは全く別の考え方のものです。

寺垣武先生が最初は波動スピーカーと呼んでいて次が物質派スピーカー、今は寺垣式(あるいは横波)と呼ばれている物があります。基本的にはこの方式を私は波動スピーカーと考えています。
別に寺垣式の名前にこだわっているわけでは有りませんが、物理的な波動(波の伝わり)を利用した発声方式の物といえば良いと思います。
その意味ではペンディングウェーブも考え方は同じです。
ボイスコイルの動きを振動板に伝えて振動させ、その振動を空気に伝えていくというものです。
通常のスピーカーユニットはボイスコイルの動きで振動板を前後に動かし空気を押したり引いたりして音を出しています(縦波です)。
波動スピーカーに似ているものにNXTが有りますがこれは分割振動をコントロールしたある意味非常に高度なものです。
これも波動スピーカーといえるかも知れませんが、ここでは別物と考える事にします。

通常のユニットでも振動板が動く際に振動もしているはずです。しかし現在のものはこの振動を無くす方向に進化しています。
分割振動を嫌い、なるだけボイスコイルの動きに忠実に前後に動くものがいいユニットという事になっています。これはこれで正しい事です。
ただ前後に動かして音を出す方式ではユニットの前と後ろの空気が逆相で動き打ち消しあいますから、それを遮断するものがエンクロージャーになります。
ユニットの後ろの空気の動きを積極的に利用し低音を増強するのがバスレフやバックロードホーンです。
この方式ではどうしても箱の鳴りが避けられません。これを嫌った(疑問に思った)のが
寺垣式の始まりだと思います。
私の考える波動スピーカーも同じで、振動板のみのスピーカーを目指しています。

コンデンサスピーカーも振動板のみのものですが、発声方式は空気を前後に動かす方式です。しかも振動板の強度という問題があります。もちろんご存知のように美しい音に関しては他に類を見ない製品が沢山あります。

今は振動板に軽くて丈夫なものとしてバルサ材を使用しています。
振動板のみのスピーカーとさせるためには前後運動を極力させないようにする必要があります。
振動板の強度が足りないと部分的に前後運動が発生しますので、テンションをかけてリブで補強して、振動のみが伝わりやすいものにしています。

言葉で伝えるのはやはり少し難しいですねー。

No title * by SEED
リクエストにお答え頂きありがとうございます。
やはり“横波”のスピーカーだと理解したほうがいいですね。
エムズシステムがあるので、混乱してしまいましたね。

完成が楽しみです。