FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › Archive - 2009年10月
2009-10-25 (Sun)

声がきになる

声がきになる

ひょうたん振動板スピーカーですがビビることも無くなり安心してBGMを流していたのですが、そういえば先日亡くなった加藤和彦さんのCDが女房が好きだったのであったので折角ですから鳴らしてみました。もともと高音は延びが足りないと思っていたのですが、どうも声が気に入りません。あの方の声は特徴があって少し鼻にかかったような感じがあるのですが、それが完全に鼻声になってます。これはいけませんねえー。構造上、高音が伸...

… 続きを読む

ひょうたん振動板スピーカーですがビビることも無くなり安心してBGMを流していたのですが、そういえば先日亡くなった加藤和彦さんのCDが女房が好きだったのであったので折角ですから鳴らしてみました。
もともと高音は延びが足りないと思っていたのですが、どうも声が気に入りません。
あの方の声は特徴があって少し鼻にかかったような感じがあるのですが、それが完全に鼻声になってます。
これはいけませんねえー。
構造上、高音が伸びないのは仕方ないと思っていますがここは何とかしたいです。


そこで安直ですがツィータを付けて見ました。
もちろんホーンやドームでは良さを消す可能性がありますから手持ちからサワフジの前面駆動型を出します。
しかしいろいろなものが眠っています、我乍ら・・・・・・・
これも一時「江川三郎」先生推薦で話題になったのですが最近は見なくなりました。






これなら鼻声にはならなくて済みます。フルレンジにこだわっても良かったのですがこの音を聞いてしまうと・・・・・
しばらくこのままで行く事にします。

ツィータをつけることによりブラスの音も響きが良くなります。
カンゼル指揮シンシナティ・ポップス・オーケストラのブラスが気持ちよくのびるようになりました。

とはいってもキワモノの範疇ですけど。
スポンサーサイト



No title * by guinness
(^_^)v
カンゼル/シンシナシティティ-ポップスですか
意外や意外な演奏が出て来てニヤリとしました。
「1812年」でしょうかテラークですよね。

No title * by izumikta
こんにちは。

良く知っていらっしゃる!!
こちらの意図が丸見えですね・・・・・・

も、もちろん「1812年」などをこれで鳴らす度胸は有りません。
もちろんテラークでSF系映画音楽を入れた奴です(タイトル忘)。今、手元に無いので・・・
ダイナミックレンジのテストに使って見ました。
柔な作りのものだと悲鳴を上げるのですが、何とか合格しました。

No title * by SEED
こんにちは。
なかなか面白いですね。

ツィーターも無指向性にしたら面白いかもしれませんね。

もうチョット仕上げを良くしたら市販できるかも(笑)

No title * by izumikta
こんにちは。

>ツィーターも無指向性にしたら面白いかもしれませんね。
ほう、さすが!! これはアイディア頂きます。
上向きとか試してみます。

>もうチョット仕上げを良くしたら市販できるかも(笑)
ははは、ありがとうございます。

2009-10-25 (Sun)

こっちの足も

こっちの足も

波動スピーカーの本命側の足元にインシュレータをかましてみました。前は黒檀ブロックだったのですが少しかさ上げをしたかったので、自作インシュレータにしました。このほうが立ち上がりがしっかりします。波動スピーカーの良さが際立ちます。他の部分も微調整して大分よく成りました。この手のものは微調整が大切ですから、気がついたらやるしかありません。...

… 続きを読む

波動スピーカーの本命側の足元にインシュレータをかましてみました。
前は黒檀ブロックだったのですが少しかさ上げをしたかったので、自作インシュレータにしました。




このほうが立ち上がりがしっかりします。
波動スピーカーの良さが際立ちます。

他の部分も微調整して大分よく成りました。
この手のものは微調整が大切ですから、気がついたらやるしかありません。
2009-10-25 (Sun)

こんどこそ

こんどこそ

さて完成した振動子にひょうたん振動板を付けます。今度は大丈夫そうです。まずは少し鳴らしっぱなしにしておきます。鳴らしっぱなしにする時は省エネの為に、自作デジタルアンプにします(トラパス2020)。これは消費電力が少なくて良いです。ビビらないようです、めでたしめでたし。...

… 続きを読む

さて完成した振動子にひょうたん振動板を付けます。






今度は大丈夫そうです。まずは少し鳴らしっぱなしにしておきます。

鳴らしっぱなしにする時は省エネの為に、自作デジタルアンプにします(トラパス2020)。
これは消費電力が少なくて良いです。




ビビらないようです、めでたしめでたし。
2009-10-25 (Sun)

うーん、びびってる

うーん、びびってる

ひょうたん振動板スピーカーですが、どうしても少し大きな音をだすとビビリます。よく聞くとどこかで歪んだ音になっています。これは振動子とひょうたんの結合に問題かと思い調べたら、これは振動子そのものがビビッていました。駄目ですね、これでは。振動板がフリーで動きますから支点は工夫しなければなりませんでした。さて、まずは今の振動子をばらしてボイスコイルとダンパーだけに戻しました。それに振動を伝えるシャフトを...

… 続きを読む

ひょうたん振動板スピーカーですが、どうしても少し大きな音をだすとビビリます。
よく聞くとどこかで歪んだ音になっています。
これは振動子とひょうたんの結合に問題かと思い調べたら、これは振動子そのものがビビッていました。
駄目ですね、これでは。
振動板がフリーで動きますから支点は工夫しなければなりませんでした。
さて、まずは今の振動子をばらしてボイスコイルとダンパーだけに戻しました。

それに振動を伝えるシャフトを取り付けます。

これだけですと振動板が支えられないので、ドーナツ型の支えを作成しますがシャフトとは隙間を開けます。





シャフトと支えを不織布制のエッジもどきで結合します。



これで少し遊びが有り、ボイスコイルが動きにも強い振動子になりました。

しかし難しいですね、職人仕事です(笑)