FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › Archive - 2011年06月
2011-06-27 (Mon)

所沢フィル

所沢フィル

昨日は、師匠からのミッションでミューズで所沢フィルハーモニーの定期演奏会を聞いてきました。師匠が今回はお仕事の都合でどうしても行けないということで変わりにしっかりとKami様と聞いてきました。梅雨のさなかでしたが、天気も持ちそうなので自転車で。少し早くついて航空公園内を散歩します。お気に入りの茶室周辺がいい感じです。さて、散策も済んで会場へ行きます。結構集っています、さすが人気が有りますし無料です...

… 続きを読む

昨日は、師匠からのミッションでミューズで所沢フィルハーモニーの定期演奏会を聞いてきました。
師匠が今回はお仕事の都合でどうしても行けないということで変わりにしっかりとKami様と聞いてきました。
梅雨のさなかでしたが、天気も持ちそうなので自転車で。少し早くついて航空公園内を散歩します。お気に入りの茶室周辺がいい感じです。

さて、散策も済んで会場へ行きます。
結構集っています、さすが人気が有りますし無料ですから。しかも結構なレベルが聴けますからこれはしょうがないでしょう。

 
プログラムは「ラフマニノフ」ピアノコンチェルト第2番と「チャイコフスキー」シンフォニー第5番です

最初のラフマニノフはどれだけ重厚な感じが出るのかな?と思っていましたが、さすがプロのピアニストはオケをうまくリードしていきます。
又、指揮者もカッコイイ!! ダイナミックな指揮でオケの弱さをカバー(というより上がって萎縮しそうな方々を鼓舞しているようです)。
元々好きな曲ですがイヤー良かったです。
 
次のチャイコフスキーは少しホルンが怪しいところもありましたが、ダイナミックに最後まで盛り上げてくれました。この指揮者格好良すぎ。
プロのオーケストラでは有りませんが、ダイナミックなホールの響きを満喫できました。
 
その後は、何時ものようにMoriさんを呼び出して、今度はジャズの話で盛り上がりました。
 
師匠!! しっかりと聞いてきましたよ。
スポンサーサイト



No title * by あなろぐふぁん
終わった後は定例会・・
やっぱしー(笑)

喜んでいただけて何よりでがんす♫
指揮者の柳沢氏は一昨年の第九を指揮した人です。
Kamiさんからも会場を写した画像が送られてきました♫

私の方も地域の区長さんたちと楽しく過ごして18時過ぎ無事帰ってきました♫

No title * by izumikta
師匠、お疲れ様でした。

>終わった後は定例会・・
これが無くては終わりにならない雰囲気が有りますね~

>指揮者の柳沢氏は一昨年の第九を指揮した人です。
なるほど、オケメンバーを把握しているわけですね、格好良い指揮者で「のだめカンタービレ」の千秋真一を連想してしまいました。
原作の漫画の方です、隠れファンなもので・・・・・・・・

2011-06-27 (Mon)

コラボ実現か?

コラボ実現か?

寺垣ラボ作成でABSネットワーク販売の寺垣スピーカーが会社にやってきました。   コラボが実現します。これは会社での試聴用に送っていただきました。うちの物も視聴用に複数作成して送らねば・・・・・・・・・・・・・金額の差ほど大きさは違いませんねえ。まあ有る意味うちのが安すぎるという事も有りますが。ABSネットワークさんではOEM供給した別デザインのものを販売することになりそうです。 どちらも...

… 続きを読む

寺垣ラボ作成でABSネットワーク販売の寺垣スピーカーが会社にやってきました。

 

 

 
コラボが実現します。これは会社での試聴用に送っていただきました。
うちの物も視聴用に複数作成して送らねば・・・・・・・・・・・・・
金額の差ほど大きさは違いませんねえ。まあ有る意味うちのが安すぎるという事も有りますが。
ABSネットワークさんではOEM供給した別デザインのものを販売することになりそうです。
 
どちらも販売可能ですので、ご興味のある方はこちらまで試聴申し込みをお願いします。
 

 
No title * by SEED
おお、これで伺う楽しみが3倍になりましたね
是非実現したいですね♪

No title * by izumikta
SEED 様

是非、是非。
低音の量感は有りませんが独特の世界を響かせてくれます。
雑誌「アナログ」の最新号にもこのSP300の評論が載っています。
まあ、最近の評論家は良いところだけを拡大してくれますが、いい所を見てくれています。

No title * by a
こんばんは、写真で見ても寺垣スピーカーは随分と変りましたね。
先生宅に通って試作品を作っていた頃は、鉄板製の10cm×10cmの角柱で作ったフレームの中に砂を詰めて、バッフルはそれだけでしたから音の出方は高域集中型、バランスは悪かったのですが音離れは最高、度肝を抜くような衝撃音も出て面白かったです、色々試作したり、先生との交流も楽しい思い出でした。

No title * by izumikta
LPPのACE 様

先生との思い出が沢山おありなのでしたね・・・・・・・
その先生も引退して川越の方に奥様と引っ込んでコレクションしていたレコードも全て売り払うそうです。

このスピーカーは先生のものとは音の印象も随分違っておとなしいというかある意味誠実な音がします。
この辺はかなり山師感覚のある先生とは違い作成者の人柄がにじみ出ているものになっているようです。
ただ例によって世間一般でいう低音感は少ないです。どうしても今の電子楽器を多用したものでは物足りなくなるかも知れませんが、元々そういうものを聞くためのものではないと作成者も割り切って作っているそうです。

あの先生のスピーカーの印象に近いのはうちの帆掛の方かも知れません。