FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › 音楽ソース › 格差
2019-05-27 (Mon)  08:22

格差

令和が始まり、ゴールデンウィークも真っ最中です。
前回の記事にも書いた通り、休めておりませんでしたが本日から3連休ですヽ(^。^)ノ
本当はカレンダーが赤で印刷された日は休みたいと思っていたのですが、力不足で解決できずに昨日も仕事でした。
ここで本日も仕事すると普通の休日になってしまい2連休だけだと寂しいですから根性で(^_^;)
新技術はアイディアが大事ですが、それを実現する実装技術が必要です。
ひとりで両方やっていると何が正解か分からなくなり、カオスの世界に迷い込むという悪い流れを断ち切る為にもある程度の成果が出たところでSTOP、休みます。
ただ、明日から先日亡くなった義父の家(女房の実家です)の片付けに行きます。少しづつ片付けていかないと!!

さて5月2日は亡くなった娘の誕生日でした。
娘の好きだったアンジェリーナのモンブランを買って帰りました。
イメージ 1
そうしたら
イメージ 2
女房は手作りケーキを作っていました。スポンジの部分の色が濃厚なのですがこれは高級卵を使用しています。
同じことを考えていて、愛情としては上下は無いとは思いますがやはり素人とプロの格差・・・
供えた後に二人で食したのですがスポンジの味が深い・・・

さて、仕事の昼休み(通常は取らないのですが休日位は)にいつものお店を覗きに行きました。
連休という事で混んでいます、年配の方も多いですね(自分とそんなに変わらないか・・・)
自分の購入するのは格安盤ですが、レジにも沢山人が並んでいて前にいた年配の二人(レジが2個)
店員に上から目線で話をして、盤チェックを念入りにしていました(JAZZTOKYOです)
後に人がいるんだからさっさとやれよと思っていたのですが、金額が目に入ると(@_@)
自分の購入する盤とは桁が違っていました。しかもそれを数枚・・・
一人は万札を数枚、一人はカードで5万近く、自分より少し年上の方でしたが格差を感じて、次に千円札一枚でお釣りを貰う時の店員の目が痛い・・・
でも、優良客だと言ってもあの「上から目線で店員に冗談とも自慢ともつかない無駄話」は止めて欲しいなあ~
格差を感じた貧乏人の僻み根性でした(-_-;)
別の日ですが、クラシック館の方はそんな客はいませんでした。

自分の購入した盤は
イメージ 3
どちらも2枚組で千円札でお釣りが来ます。どちらも良い盤なのですけどね。
右のチック・コリアはリターン・トゥ・フォーエバーの後にミロスラフ・ビトウス(ベース)、ロイ・へインズ(ドラムス)と組んだピアノトリオでの演奏。
一枚目はオリジナル、二枚目はモンクの曲を演奏したものです。
オリジナルはややフリー系が入っていますが、現代音楽の好きな自分には好きな演奏でした。
録音も80年代のECMのキレのいい高録音でした。
リターン・トゥ・フォーエバー後はチックの盤はお店としての評価が低いようですね。
左はシェーンベルクのグレの歌(小沢・ボストン)です。
こちらもお店の評価は高くないのですが良い盤なんだけどな・・・・
まあ、長岡鉄男推薦の高録音盤だという事は余り知られていないからかも(同じ高録音盤でも有名なものはお店では高額です)
格安盤の良い物を見つける嗅覚を鍛えておくと貧乏でも良いものを入手できるという事で(貧乏人の意地です)
イメージ 4

本日は久しぶりにALTECをセットしてこの盤を聞いています(写真はアンプを暖めるために聞いていたベラフォンテです)

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-05-27

Comment







管理者にだけ表示を許可