FC2ブログ

izumiktaのオーディオ徒然

ご訪問ありがとうございます。好きなことをやる喜びはいつまでも人間を成長させてくれると思い書き綴っています。お気軽にコメント下さい

Top Page › 日々の徒然 › 指環の後は
2010-02-09 (Tue)  22:20

指環の後は

ジョン・カルショー「ニーベルングの指環」を読み終わりました。
当時のオペラの録音がいかに大変だったか、あの全曲盤がどれだけ価値のある物だったが分かりました。
私はフラグスタータという人の価値を知りませんでしたが、人として惚れますね。


さて、クラシック系の次はJAZZで行きたいと思います。

またまた図書館で予約してこれを借りました。

「ベイシー」のマスター菅原正二さんの「聴く鏡」です。
隣は持っていた「ジャズ喫茶ベイシーの選択」です。お雛様の前でパチリ。



菅原マスターには、若い時に弟と二人、ベイシーでいろいろお話を聞かせていただいたことがあります。
当時は私達もマスターもまだ若かったので、バリバリのオーディオ話になってかなりの時間を過ごさせていただきました。
ついでに「酒飲むか?」と言われてウィスキーをストレートで、ちびりちびりと・・・・

若い日の思い出が蘇ります。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-04-17

No title * by あなろぐふぁん
こんばんわ♪
もう読了ですか!
早いですねー♪

あの本は一寸高いですけど、読んだ後も傍に置きたくなりません?(笑)

これで指輪がIzumiktaさんに大きく近づくことでしょう♪

べイシーのマスターと懇意だったとは流石ですね!
聴く鏡は本としてはありませんがステサンの連載時には時々読んでいました。
選択の方はJazzを聴き始めの頃に読み、わが師の柏○○さんにも薦めたり、一関詣でが目標となった思い出の一冊です(笑)

お雛様がベイシーのあの音を聴いたら・・??(笑)

No title * by izumikta
あなろぐふぁん 様

>もう読了ですか!
面白くて降りる寸前まで読んで最後は歩きながら読む感じでした。

>べイシーのマスターと懇意だったとは流石ですね!
懇意だなんて、誰もお客さんがいなかったので双子という珍しさも有って話しをしてくれたのだと思います。
私が604-8G、弟が130+175DLHとマスターの好みに合ったものを使っていたのも良かったようです。

>お雛様がベイシーのあの音を聴いたら・・??(笑)
想像すると楽しいです、顔がピクピクと動くかも??(爆)

No title * by GIOS
おはようございます。私が聴く音楽のジャンルは今は8:2でクラシック:ジャズといったところですが、ソフトは6:4位で、以前はジャズもよく聴いていました。という訳で、ベイシー詣でを具体的に計画した事もありますが、未だ実現していません。こちらまで新幹線が延びたら行き易くなるのですが、さていつの事やら。菅原さん、会ってみたいですが、ちょっと怖い気もします。

No title * by izumikta
GIOS 様

こんにちは。

>菅原さん、会ってみたいですが、ちょっと怖い気もします。
普通にお店に行ってコーヒーを注文し、音を聞いてくるだけですから喫茶店のマスターとお客の関係です。
怖いことなど何もありませんよ。菅原さんも還暦をとっくに過ぎていらっしゃいますから、静かに聞いていればやさしく見守ってくれるはずです。

No title * by SEED
お、聴く鏡じゃないですか♪
これについてそろそろ書こうかなぁ~♪

No title * by izumikta
SEED 様、こんばんは。

>これについてそろそろ書こうかなぁ~♪
書いてください!!

まだ全部読んでいないのですが、「ベイシーの選択」と比べると何か文章のイメージがだいぶ丸くなって哲学的な表現が増えてきたような気がします。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

こんばんわ♪
もう読了ですか!
早いですねー♪

あの本は一寸高いですけど、読んだ後も傍に置きたくなりません?(笑)

これで指輪がIzumiktaさんに大きく近づくことでしょう♪

べイシーのマスターと懇意だったとは流石ですね!
聴く鏡は本としてはありませんがステサンの連載時には時々読んでいました。
選択の方はJazzを聴き始めの頃に読み、わが師の柏○○さんにも薦めたり、一関詣でが目標となった思い出の一冊です(笑)

お雛様がベイシーのあの音を聴いたら・・??(笑)
2010-02-09-22:35 * あなろぐふぁん [ 編集 ]

No title

あなろぐふぁん 様

>もう読了ですか!
面白くて降りる寸前まで読んで最後は歩きながら読む感じでした。

>べイシーのマスターと懇意だったとは流石ですね!
懇意だなんて、誰もお客さんがいなかったので双子という珍しさも有って話しをしてくれたのだと思います。
私が604-8G、弟が130+175DLHとマスターの好みに合ったものを使っていたのも良かったようです。

>お雛様がベイシーのあの音を聴いたら・・??(笑)
想像すると楽しいです、顔がピクピクと動くかも??(爆)
2010-02-09-23:36 * izumikta [ 編集 ]

No title

おはようございます。私が聴く音楽のジャンルは今は8:2でクラシック:ジャズといったところですが、ソフトは6:4位で、以前はジャズもよく聴いていました。という訳で、ベイシー詣でを具体的に計画した事もありますが、未だ実現していません。こちらまで新幹線が延びたら行き易くなるのですが、さていつの事やら。菅原さん、会ってみたいですが、ちょっと怖い気もします。
2010-02-10-07:29 * GIOS [ 編集 ]

No title

GIOS 様

こんにちは。

>菅原さん、会ってみたいですが、ちょっと怖い気もします。
普通にお店に行ってコーヒーを注文し、音を聞いてくるだけですから喫茶店のマスターとお客の関係です。
怖いことなど何もありませんよ。菅原さんも還暦をとっくに過ぎていらっしゃいますから、静かに聞いていればやさしく見守ってくれるはずです。
2010-02-10-13:17 * izumikta [ 編集 ]

No title

お、聴く鏡じゃないですか♪
これについてそろそろ書こうかなぁ~♪
2010-02-12-21:23 * SEED [ 編集 ]

No title

SEED 様、こんばんは。

>これについてそろそろ書こうかなぁ~♪
書いてください!!

まだ全部読んでいないのですが、「ベイシーの選択」と比べると何か文章のイメージがだいぶ丸くなって哲学的な表現が増えてきたような気がします。
2010-02-12-22:14 * izumikta [ 編集 ]